経済産業省が認定する「DX認定事業者」に選定

2022.05.12 【オムロンヘルスケア株式会社】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、経済産業省が定めるDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に選定されました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205100979-O1-Q2ms2BV1
DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律の一部」に基づき、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」*の基本的事項にそって、デジタル技術による社会変化へ対応していく準備が整っていると認められる事業者を経済産業省が認定する制度です。

当社では、循環器疾患事業の事業ビジョンに、脳卒中や心不全などの「脳・心血管疾患の発症ゼロ」をかかげ、高血圧等の早期発見・早期治療をサポートする予防医療の仕組み作りに取り組んでいます。2020年9月には北米で遠隔患者モニタリングサービス「VitalSight(バイタルサイト)」、2021年4月には英国で高血圧患者向け「Hypertension Plus(ハイパーテンションプラス)」をスタートするなど、当社の革新的デバイスとITを活用したサービス事業を展開しています。また、AIを活用して個人に最適な血圧改善提案や脳・心血管疾患発症予兆検知の開発にも取り組んでいます。

当社では、ものづくりの過程においても、タイムリーに適量の製品供給ができる需要連動型生産であるMTA(Make to Availability)を構築するなど、デジタル技術を活用した経営戦略・事業戦略を推進しています。これからもDXを推進し、世界中の人々の健康ですこやかな生活に貢献する新しいビジネスモデルをグローバルに展開します。

*経済産業省が経営者に求められる対応(デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンの策定や公表など)を定めたもの

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。