上場会社による新市場区分の選択結果の公表について

2022.01.11 【株式会社日本取引所グループ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2022年1月11日
株式会社 東京証券取引所

 
上場会社による新市場区分の選択結果の公表について

 株式会社東京証券取引所は、本年4月4日(月)、現在の市場区分を「プライム市場」、「スタンダード市場」、「グロース市場」の3つの新しい市場区分に再編します。新市場区分への移行に向けて、昨年9月から12月まで、上場会社から新市場区分の選択申請をいただいておりましたが、このたび、その結果の一覧を取りまとめ、JPXウェブサイト(https://www.jpx.co.jp/equities/market-restructure/results/index.html)に掲載しました。

 
― 株式会社東京証券取引所代表取締役社長 山道裕己のコメント ―
 今般の市場区分再編の目的は、上場会社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上を支え、国内外の多様な投資者から高い支持を得られる魅力的な市場を提供することにあります。
 プライム市場は、世界経済をリードしてゆく企業に、スタンダード市場は、日本経済の中核を成してゆく企業に、グロース市場は、新たな挑戦を重ねてゆく企業に上場いただくことを想定した市場区分であり、それぞれのコンセプトに基づいた上場基準を設けています。
 上場会社の皆様には、自社の経営方針等に照らして、企業価値向上を果たしていくうえで最も適切な市場区分をご選択いただきました。新たな市場区分への移行を契機に、新たな成長戦略に取り組もうとする企業や、ガバナンスの向上に取り組もうとする企業など、具体的な取組が始まっています。
 新しい「プライム市場」、「スタンダード市場」及び「グロース市場」に上場する企業の企業価値向上に向けた取組を支えていくことにより、我が国株式市場が魅力的なものとなるよう、引き続き邁進してまいります。

 
― 市場区分見直しに向けたステートメント及び新市場区分ロゴマーク等 ―
 今般の市場区分見直しの目的やそれぞれの新市場区分の特徴について、市場関係者や一般の方々に広く周知するため、ステートメントやロゴマーク等を策定しております。

市場区分見直しに向けたステートメント
目指す未来がある。
それがNIPPONの力になる。

目指すものがあるから、人は集う。
目指すものがあるから、挑戦する。
2022年4月4日、東京証券取引所は3つの市場へ進化します。
それぞれの市場が、それぞれの目標を掲げることで、
より社会に開かれ、より多くの人が集い、より多くの挑戦が生まれる市場へ進化します。
TOKYO市場の上場企業すべてが、今、新たなスタートラインに立っているのです。
自らの目標を見つめて、目指す未来を掲げて、各社の新たな冒険が始まります。
ご期待ください。

新市場区分のスローガン及びロゴマーク
プライム市場

ともに次の世界をリードする

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201075819-O1-CKIJ0LhE
 

 
スタンダード市場

ともに経済の真ん中をつくる

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201075819-O3-YFOhaJ77

 

グロース市場

ともに新たな可能性をひらく

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201075819-O2-o9W8SMdA

 
新市場区分特設サイト
https://jpx-market.jp/

 新市場区分のスタートに先駆け、特設サイトを開設しております。市場関係者からの期待・応援のメッセージや、企業価値向上に取組む上場会社へのインタビュー、新市場区分のロゴマークに込めた想いなど、様々なコンテンツをご提供しております。ぜひ、ご覧ください。

 

ページトップ


ご利用いただけません。