次世代HRM-ERP『Universal 勤次郎』(UK)をリリース

2021.12.27 【勤次郎株式会社】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「HRM&H×L」クラウドサービスが「働き方改革&健康経営」を進化させる

勤次郎株式会社(本社:東京都千代田区、社長:加村稔)は、HRM-ERP「Universal 勤次郎」(UK)(クラウド&オンプレ利用)を2021年12月24日にリリースいたしました。

HRM-ERP「Universal 勤次郎」(略称UK)は、当社「HRM&H×Lプラットフォーム」を活用することで、高付加価値サービスの提供と、HRM(Human Resource Management)に柔軟に対応、ESGの取組みに貢献いたします。小規模企業はもちろん、中堅・大企業が導入しやすく、あらゆる業種にカスタマイズなしでお使いいただけます。「ユーザビリティ」を重視した設計と優れた「UI・UX」を実現し、「セキュリティ」と 「ナビゲーション」の充実など、新たなサービス・装備を数多く搭載しています。 

 

HRM-ERP 「Universal 勤次郎」の特性

■27年のノウハウを磨き、「働き方改革」&「健康経営」の取組みによる労働生産性向上をサポート (クラウド&オンプレ利用) 

   

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112275548-O7-Ict31jej

■「HRM&H×Lプラットフォーム」を活用し、 労務管理データ「UK」と、健康管理データ「HL」をマッシュアップしたサービスを提供 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112275548-O2-u0b1uS7a】 

 

■あらゆる業種&中堅・大企業のニーズに応える機能

 現在のERP「勤次郎Enterprise」は、2004年の発売以来、バージョンアップを繰り返し、進化を続けてまいりました。近年は、中堅・大企業だけでなく中小企業に至るまで、働き方改革推進と労基法改正対応など、より高度で柔軟な仕組みが求められるようになりました。また、政府も健康経営を推進していることから、ESGへの取組みも重要な課題になっています。企業の抱える課題解決に対し、当社は27年のノウハウを基に次世代HRMを見据え、中小企業から大企業までカスタマイズなしで利用できる機能に進化させました。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112275548-O3-GEe8801d

■150万以上のユーザーアカウントに、進化したサービスを提供

現在はオンプレミス118万、クラウド36万ユーザーアカウントを契約いただいております。一方解約率はクラウドサービスで0.18%に留まり、大変好評をいただいております。現ユーザーの皆様に「UK」をご利用いただき、「働き方&健康経営」実現による労働生産性向上へのさらなる貢献をいたします。

 

■オンプレミス版をご利用のお客様には仮想プライベートサーバー「勤次郎プライベートクラウド」を提供

システム構築に必要なサーバーやネットワーク、ストレージなどのインフラを、煩雑な手続きなく、安全・スピーディーにインターネット経由で提供します。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106635/202112275548/_prw_PT1fl_awHLLpWK.png

 

ページトップ


ご利用いただけません。