テレワークを導入した企業の課長の85%が制度を利用

2021.12.21 【学校法人産業能率大学】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2021年12月21日

学校法人産業能率大学

上場企業の課長のテレワーク利用状況調査

学校法人産業能率大学総合研究所は、従業員数100人以上の上場企業に勤務し部下を1人以上持つ課長を対象に、職場の状況や課長自身の意識などに関するアンケートを実施しました。その中でテレワークの利用状況に関する項目を切り出し、「上場企業の課長のテレワーク利用状況調査」としてまとめました。

調査は2021年9月14日から16日までの3日間、調査会社を通じてインターネットリサーチで実施し、828人(男性799人、女性29人)から回答を得ました。

調査からは、以下が明らかになりました。

▼80%の職場でテレワーク制度が導入済み
▼85%の課長がテレワーク制度を利用
▼テレワーク制度が導入されて変化したことのトップは「部下の労務管理が難しくなった」
▼テレワーク環境で課長に求められるスキルのトップは「部下の状況を把握して支援」
▼テレワークの理想の利用頻度は「週に2~3回」

すっかり定着した感のあるテレワーク制度ですが、「コロナ禍をきっかけに導入された」という回答が約半数であり、その活用については手探り状態の企業も少なくありません。テレワーク制度が導入されて変化したこととして「職場の生産性が向上した」という回答は僅か7.4%にとどまっており、成果を上げるには課題が多い状況となっています。

☆調査結果の詳細については、下記のWebページをご参照ください、
https://www.sanno.ac.jp/admin/research/tel_kachou2021.html

ページトップ


ご利用いただけません。