電子カルテ「Webカルテノート」が医療文書管理機能をリリース

2021.12.15 【勤次郎株式会社】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

病院・クリニックの管理業務の効率化を実現

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112154992-O1-UB8lw7er

勤次郎株式会社(本社:東京都千代田区、社長:加村稔)が開発・提供するクラウド型電子カルテ「Webカルテノート」は、14日(火)医療文書管理サービスをリリースいたしました。診断書、同意書、サマリなどの医療文書を、クラウドサーバ上で患者毎に管理します。

https://karte.health-life.jp/wkn

 

■「Webカルテノート」 医療文書作成機能の特徴

データ活用での省力化により現場の働き方改革に貢献

ひな型文書からの新規作成、過去文書の流用が可能です。当社健康増進アプリ「ヘルス×ライフ」と連携することで、AI音声認識機能を搭載した電子カルテ「Webカルテノート」に記録できます。

また患者開示を指定した文書は、「ヘルスxライフ」から参照可能。「働き方改革」の課題に直面する医療機関の業務を、クラウドサービスによりサポートいたします。

 

文書の一括管理で業務効率化

部門・部署・個人で管理している文書をクラウドサーバ上で一元管理し、チームで共有可能。
クラウドサーバ上で管理することで、パソコンでの文書保持がなくなりセキュリティ面も安心です。

また、各種書類を下書き・作成することで、医師の業務負担を軽減、タスクシフトを推進。さらに医師の包括的指示を文書化し、診療記録を実に行えるようサポートいたします。

 

■クラウド型「Webカルテノート」 の特徴

① 音声・写真・ペン入力で診療の概念を刷新

患者とのコミュニケーションをそのまま記録。必要に応じて加筆するだけで業務終了。患部の写真もその場で撮影・保存可能。

➁ アプリ連携で患者の生活習慣を確認

当社の健康管理アプリ「ヘルス×ライフ」と連携することで、患者の健康診断・人間ドック結果や生活習慣データ(歩数や血圧・体重など)を参照可能。※患者側のインストール・データ登録が必要

③ オンライン診療との連携により受診控えの不安を解消

オンライン診療や在宅診療への活用で患者の受診不安を解消。

 

■クラウド型電子カルテ「Webカルテノート」 概要

対象施設 : 無床診療所、有床診療所~200床規模の病院

推奨環境 :【OS】  Windows10(ヘルスライフカルテへ拡張を行う場合)

      【ブラウザ】  Chrome(オンライン診療利用時)

      【ディスプレイ】 フルHD(1920×1080)以上を推奨

※医療文書管理サービス以外の「Webカルテノート」はiPad(Safari)でも利用可能

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106635/202112154992/_prw_PT1fl_m5gg2qF4.png

 

ページトップ


ご利用いただけません。