働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する 「第5回 日経スマートワーク経営調査」で4星を獲得

2021.11.05 【株式会社電通】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2021年11月5日
株式会社 電通

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、株式会社日本経済新聞社(以下、日本経済新聞社)が2021年11月5日に発表した、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する「第5回日経スマートワーク経営調査」において、4星に認定されました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202111052944-O2-tk5NPY7s

 本調査は2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現、新規事業などを生み出す体制、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、星5段階で評価されます。

 当社は「多様で柔軟な働き方」を目指して労働環境改革を推進するとともに、リモートワークを基本とした「ワークスタイルのスマート化」や「オフィス環境の改革」、さらには「サステナビリティの推進」や「ダイバーシティ&インクル―ジョンの推進」など、これまで250以上の施策を、社内外の幅広い意見を取り入れながら実施してきました。
 一人ひとりが働きやすい環境で能力を最大限に発揮できるよう、社員自らもアイデアを出し実践してきたことで、事業としてもイノベーションが促進され、事業の変革と成長モデルとして考える4つの領域「AX(Advertising Transformation:高度化された広告コミュニケーション)」「BX(Business Transformation:事業全体の変革)」「CX(Customer Experience Transformation:お客さま体験の変革)」「DX(Digital Transformation:マーケティング基盤の変革)」における事業の拡張・変革が加速しています。

 今後も、社員一人ひとりの成長を支援しながら、顧客企業の変革と成長に伴走するIGP(Integrated Growth Partner)※として、より良い未来の創造に貢献していきます。

※IGP特設ページ:https://www.dentsu.co.jp/igp/

以上

ページトップ


ご利用いただけません。