「経団連推薦社内報審査 受賞企業に聞く、JFEスチールの取り組み」5月18日・20日 社内報制作 無料セミナー

2021.04.26 【りえぞん企画株式会社】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

~誰もが誇れるJFEをめざす、インナーコミュニケーションの最前線~

2021年4月26日
りえぞん企画株式会社

社内報制作 無料オンラインセミナー「経団連推薦社内報審査 受賞企業に聞く、JFEスチールの取り組み」~誰もが誇れるJFEをめざす、インナーコミュニケーションの最前線~

 
企業のコミュニケーション活動を支援する、りえぞん企画株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:今出 光)は、2020年度経団連推薦社内報審査 雑誌・新聞型社内報部門で総合賞を受賞した、JFEスチール株式会社総務部広報室ご担当者をお迎えして、2021年5月18日(火)と5月20日(木)に、社内広報担当者向け無料オンラインセミナーを開催いたします。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224021-O1-F9b96Oze

 
セミナー詳細はこちら
https://liaison-kikaku.co.jp/labo/seminar/2021/04/20/1029/

 
概要
新型コロナウイルス感染症対策を機に、リモートワークの導入など働き方改革推進や世の中が変化し、働く人の意識が変わるなか、改めて従業員エンゲージメントやインナーコミュニケーションについて関心が高まっています。

そこで、今回、経団連推薦社内報審査 雑誌・新聞型社内報部門で総合賞を受賞したJFEスチール総務部広報室ご担当者をお迎えし、同社の社内報制作のノウハウをはじめ、インナーコミュニケーションの取り組み、課題解決のための施策や工夫とその成果、今後目指す姿などをインタビュー形式のオンラインセミナーでご紹介いたします。

これからのインナーコミュニケーションの取り組みについてヒントにしていただける内容となっております。ぜひ、ご参加ください。

 
詳細
【テーマ】
「経団連推薦社内報審査 受賞企業に聞く、JFEスチールの取り組み
  ~誰もが誇れるJFEをめざす、インナーコミュニケーションの最前線~」

【日 時】
  2021年5月18日(火)/5月20日(木) 各日 13:30~14:10
※事前収録したセミナー映像を日時限定で配信します。
※各回の配信内容は同じです。

【会 場】Zoomを使用したオンライン開催
【参加費】無料
【定 員】各回50名
※定員になり次第、受付を終了いたします。
※同業他社・個人の方の参加はお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

 
お申込み
下記ページ設置のフォームよりお申込みください
https://liaison-kikaku.co.jp/labo/seminar/2021/04/20/1029/

 
参考記事(社内報ラボ byりえぞん企画)
社内報を通じて「誰もが誇れるJFEスチール」の実現を目指す<JFEスチール様 広報室インタビュー>
https://liaison-kikaku.co.jp/labo/column/2020/12/08/570/

【2020年度受賞企業発表】「経団連推薦社内報審査」とは?社内報の外部評価を活用しよう!
https://liaison-kikaku.co.jp/labo/column/2021/03/05/848/

<経団連推薦社内報審査とは>
経団連事業サービス社内広報センターが、経営に役立つ社内広報活動の推進を目指し、編集者の日ごろの活動を評価・奨励することによって、社内報 のレベルアップを図ることを目的に、1966年より毎年実施されている審査制度。

<りえぞん企画株式会社について>
「ボーダーレスなマインドで社会に驚きと変化を与える企業」
丸紅および丸紅グループ企業の社内報を制作する会社として出発し、企業コミュニケーションツールの制作や広報・広告業務を行う企業として成長してきた総合広告代理店です。30年以上にわたり社内報制作に携わる経験から、社内報は従業員と家族、企業と社会とをつなげ、人を育て企業を進化させる重要な存在だと認識し、そのノウハウを生かしさまざまな企業のパートナーとしてコミュニケーションを支援してきました。これからも企業コミュニケーションカンパニーとして、お客さまと協働し、社内報をはじめとするインナーコミュニケーションを通じ、人と企業の成長に貢献し続けます。

ページトップ