《女性が働きがいのある会社1位は?》2021年版 日本における「働きがいのある会社」女性ランキング発表!

2021.03.16 【Great Place to Work (R) Insititute Japan】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

第1位はレバレジーズグループ(大規模部門)、コンカー(中規模部門)、現場サポート(小規模部門)

2021年3月16日
Great Place to Work® Institute Japan
(株式会社働きがいのある会社研究所)

「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行うGreat Place to Work® Institute Japan(本社:東京都品川区、代表取締役社長:荒川陽子、以下GPTWジャパン)は、2021年版 日本における「働きがいのある会社」女性ランキングを、3月16日(火)に発表しましたので、お知らせいたします。

女性ランキングは、2月16日(火)に発表した「働きがいのある会社」女性ランキングでベストカンパニーに選ばれた160社の中から、特に女性にとって働きがいがあると評価された企業を、大中小各部門より上位5社選出したものです。日本での女性ランキングの発表は今年で5回目となります。

2021年版 日本における「働きがいのある会社」女性ランキング
この1年では多くの企業が新型コロナウイルスの影響を受け、働き方やマネジメントの在り方が激変しました。
そのような状況下にあっても、年齢や性別によらず、“すべての人の潜在能力を最大化”している企業が女性ランキングに名を連ねています。

各部門(従業員規模別)の順位は以下の通りです。
※()内は前回順位
※詳細はこちら: https://hatarakigai.info/ranking/woman/ 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103162307-O2-gOW3L7UB
大規模部門(1,000人以上)
1位(3位) レバレジーズグループ (人材関連、システムエンジニアリング、メディア事業など)
2位(1位) アメリカン・エキスプレス (カード発行、加盟店ネットワーク、旅行・ライフスタイル事業等)
3位(-)  モルガン・スタンレー (金融サービス)
4位(-)  Works Human Intelligence (統合人事システム「COMPANY」の開発・販売・サポート)
5位(2位) ディスコ (精密加工装置の製造・販売)

中規模部門(100-999人)
1位(2位) コンカー (経費精算・請求書管理・出張管理のクラウドサービス事業)
2位(1位) サイボウズ (グループウェアの開発、販売、運用)
3位(-)  ディアーズ・ブレイン (ハウスウエディング事業、ドレス事業、レストラン事業など)
4位(-)  アチーブメントグループ (人材教育コンサルティング事業)
5位(4位) FCE Holdings (企業研修事業、RPA事業、教育事業、出版事業)

小規模部門(25-99人)
1位(2位) 現場サポート (建設業向けクラウドサービスの企画・開発・販売・サポート)
2位(-) ダイレクトマーケティングミックス (マーケティング事業・オンサイト事業)
3位(-) フラッグシップオーケストラ (格安・大量の動画制作サービス)
4位(-) Timers (子育て家族のライフデザインブランド「Famm」の提供)
5位(-) 売れるネット広告社 (ネット通販(D2C)支援クラウドサービスの提供)

各規模1位企業の評価ポイントご紹介
レバレジーズ・グループ(大規模部門1位)
企業理念である「関係者全員の幸福の追求」の実現に向けて、誰もが健康的かつ安心して長く働ける環境を整備されています。女性が比較的少ないと言われるIT業界でありながら、積極的に採用を行い、公正な昇進・昇格の仕組みを整えています。多くの女性リーダーが活躍していることも高い評価となりました。

コンカー (中規模部門1位)
多様性を認め合う文化が根付いており、ライフサイクルに変化の多い女性に配慮されています。例えば、1か月のうち100時間好きな時に勤務すればよい制度や、コロナ禍や病児の際のシッター料金の補助などがあります。結果、女性のアンケート回答は総じて高く、会社への信頼は篤いです。

現場サポート (小規模部門1位)
ダイバーシティーに関する方針が明文化されており、多様性を尊重することがメッセージとして伝えられています。時短勤務やフレックスタイムといった制度だけでなく、従業員が望む働き方を実現できるよう配慮されており、女性従業員は高い働きがいを感じられていることがうかがえます。

「働きがいのある会社」 女性ランキングについて
「働きがいのある会社」ランキングは、「働きがいのある会社」調査(※)に参加した企業の中から調査のスコアが一定水準に達した企業を「ベストカンパニー」として認定するもので、日本では従業員数により、大規模部門(1,000人以上)、中規模部門(100-999人)、小規模部門(25-99人)の3カテゴリーに分けて発表しています。「働きがいのある会社」女性ランキングは、ベストカンパニーの中から、「女性社員のアンケート結果」、「女性社員の働く環境を整備するための施策」、「女性社員比率などの企業データ」において特に優れた企業を選出したものです。

(※)調査内容
「働きがいのある会社」調査は、GPTWが提唱する“全員型「働きがいのある会社」モデルに基づく2種類のアンケートで構成されます。
①働く人へのアンケート
選択式設問(60問)・自由記述式設問(2問)・属性・認識を問う設問(8問)に、働く人が無記名で回答
②会社へのアンケート
企業文化や会社方針、人事施策(採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動など)の具体的な取り組み内容を会社として回答

Great Place to Work® Instituteについて

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103162307-O1-f6k94WgA
Great Place to Work® Institute は、世界約60ヵ国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析し、各国の有力メディアでランキングを発表しています。米国では、1998年より「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、「働きがいのある会社」ランキングに名を連ねることが、「一流企業の証」として認められています。日本においては、株式会社働きがいのある会社研究所がGreat Place to Work® Institute よりライセンスを受け、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)を運営しています。GPTWジャパンでは、「働きがいのある会社」は“働きやすさ”と“やりがい”の両方がかね備わった組織であると考えています。

ページトップ