ブリヂストン、2022年度採用活動から職種別採用を導入

2021.02.05 【株式会社ブリヂストン】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2021年2月5日

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102050692-O1-7RZ8xsZF

ブリヂストン、2022年度採用活動から職種別採用を導入

 株式会社ブリヂストンは、2022年度定期採用活動(総合職)より職種別採用を導入します。採用後に適正をみて配属を決める、従来型の「ポテンシャル採用」に加え、対象となる職種を予め決める「職種別採用」を導入することで、職種志向が強くキャリアプランが明確な優秀人財の採用を強化します。当社は、中長期事業戦略の実行化を支えるHRX(ヒューマンリソース・トランスフォーメーション)を推進しており、2021年1月には、ジョブ型コンセプトを一部導入した新しい人事制度に移行しました。今回新たに「職種別採用」を導入することで、人財ポートフォリオの明確化と人財の採用・育成・最適配置を進め、経営体質の更なる強化に繋げていきます。

 職種別採用では、「デジタル職」や「研究開発職」、「セールス・マーケティング職」等、職種ごとに募集コースを設けます。学生は、応募時に希望する職種を選択し、内定と同時にその職種への配属が確約されます。採用活動には、配属先の従業員も参加し、その職種に最適な人財を採用します。また、入社後は、「社内公募制度※1」や「ジョブマッチング制度※2」を活用し、本人のキャリアパスによって職種変更も可能とします。

 当社は、「2050年にもサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社であり続けること」をビジョンとして掲げ、その実現に向けて中長期事業戦略を推進しています。中長期事業戦略の実行化を支える多様な人財の成長・活躍を促進するため、人事システム・組織の抜本的改革、人財採用・育成強化など、当社独自のHRXを推進しており、今回の「職種別採用」導入は、そうした取り組みの一環です。

(参考情報)2021年・2022年度採用人員計画
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102050692-O2-LNCjG0VE
※1…社内公募制度:人財を求める部署が募集職種を社員に公開し、応募者から選抜する人事異動制度
※2…ジョブマッチング制度:社員自らが能力や強み・実績を人事データベースに登録し、高度な専門性やスキル、知見を持つ人財を必要とする部署のニーズと符合させる人事異動制度

以上

ページトップ