『M&A』の労働関連ニュース

2018.02.13 【労働新聞】
事業承継・後継者が30歳代の時期に 販路開拓で業績向上 東商が提言

高齢社長はM&A検討も  後継者が30歳代のうちに事業承継を――東京商工会議所(三村明夫会頭)は、事業承継の実態に関するアンケート調査報告書を取りまとめた。30~40歳代で事業を引き継ぎ、新製品開発や販路開拓を通じて業績を好転させているケースが多いことから、効果的な事業承継を行うタイミングとして、後継者が30歳代の時期に検討するよう提言し……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ