『高プロ』の労働関連ニュース

2019.05.07 【労働新聞】
高プロ適用を明示 改正職安法指針施行で 厚労省

 厚生労働省は、求人者や職業紹介事業者などを対象とした職業安定法に基づく改正指針を公布、施行した。労働条件の明示における必要事項として、高度プロフェッショナル制度適用者への対応を追加している。  改正指針では、求職者が高プロの適用に同意して業務に従事することになるときは、同意を経て高プロ適用者となる点を明示するとした。  青少年の募集を行……[続きを読む]

2019.04.12 【労働新聞】
勤務間休息は11時間 高プロ制で関係省令公布 厚労省

 厚生労働省は、高度プロフェッショナル制度に関する省令と、制度適用者の適正な労働条件の確保を図るための指針を公布した。省令では対象業務を示したほか、対象者の年収要件を1075万円に設定。健康確保措置の具体的な内容も定めた。指針では、労働者本人の同意を得る方法や、労使委員会の決議で明らかにすべき事項などを示している。  省令においては、制度……[続きを読む]

2019.03.25 【労働新聞】
健康管理時間で算定 高プロ対象者の最賃適用 最賃法施行規則改正案

 厚生労働省は、高度プロフェッショナル制度の適用を受ける労働者の賃金の換算方法などを定めた最低賃金法施行規則改正省令案要綱について、労働政策審議会から「妥当」との答申を受けた。高プロ適用者の賃金を最低賃金と比較する際は、賃金を労働基準法で定める「健康管理時間」で除して時間当たりの金額に換算するとしている。答申を踏まえて省令改正作業を進める……[続きを読む]

2018.08.23 【労働新聞】
東大・水町教授 「一括管理」中小へ推奨 年5日年休付与で

実務上最も煩雑な項目 「働き方改革」を進める政権の頭脳を担った東京大学社会科学研究所の水町勇一郎教授は8月6日、連合東京が組合員を対象に都内で開いた学習会で、改正法への対応を教えた。実務的に最も煩雑になるとみる、使用者による「年5日」の年休付与義務では、主に中小に「一括管理」を推奨。年休発生の起算日を繰り上げ、期間を定めた付与も可能になる……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ