『情報サービス産業』の労働関連ニュース

2019.02.14 【労働新聞】
【賃金調査】情報労連/ITエンジニアの労働実態調査 大卒35歳モデル31.9万円に ピークで初任時の2倍強

職種別の賃金レンジ SEは16万~42万円  情報労連の「ITエンジニアの労働実態調査」によると、大卒のモデル所定内賃金は、22歳21.1万円、35歳31.9万円、45歳40.2万円、55歳42.2万円などとなった。35歳で初任時の1.5倍を超え、ピークを迎える50歳43.2万円では2.05倍に達するカーブを描いている。各社での最低額・最……[続きを読む]

2019.01.31 【労働新聞】
AI導入で作業時間短縮 働き方改革向け提言 情報サービス産業協会

IT活用13社の事例紹介  一般社団法人情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、様ざまな産業における働き方改革を推進するため、取組み時に役立つ最新ITについて解説し、その導入企業事例を示した報告書「IT活用からはじめる、働き方改革」をまとめた。効果的なツールとしてAI(人工知能)とRPA(ロボットによる業務自動化)を提示し、作業時間短縮に……[続きを読む]

2019.01.15 【労働新聞】
高齢者の活用で2社が事例紹介 情報サービス協会

 情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、高齢者雇用推進ガイドライン普及セミナーを札幌、東京、大阪の3カ所で開催した。ガイドライン作成に携わったみずほ情報総研㈱小曽根由実シニアコンサルタントがガイドラインの概要を紹介したほか、会員企業が高齢者活用に関する人事制度事例を発表した。  東京都中央区内で開いたセミナーでは、㈱日立ソリューションズ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ