string(88) "/news/news_tag/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%8A%80%E8%83%BD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E7%94%9F/"
string(8) "news_tag"

『外国人技能実習生』の労働関連ニュース

2016.12.31【安全スタッフ】
技能実習生向けに教本 自動車メーカーが事例を提供 日整連 安全作業へ「正しい服装」示す 

 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会(橋本一豊会長)は、外国人技能実習生教育のための安全衛生教本を作成した。リフト作業やグラインダ・ボール盤作業など18の作業に関する注意事項と防止対策を、写真やイラストで災害事例などを示しながら解説している。基本事項では、正しい服装について、袖をまくると「ベルトにそでが巻き取られ裂傷」などの災害事例を……[続きを読む]

日整連2
2016.12.21【労働新聞】
技能実習企業の送検相次ぐ 悪質な地方縫製業者 長時間労働や虚偽報告 3労基署

 外国人技能実習生を受け入れている縫製業者の送検が11月下旬に相次いだ。福井・大野労働基準監督署は、中国人技能実習生32人に36協定の限度を超えて1カ月当たり最大139時間の違法な時間外労働をさせたとして6法人1人を福井地検に書類送検した。香川・高松労働基準監督署は割増賃金未払いで3法人4人を、鳥取・倉吉労働基準監督署もタイムカード改ざん……[続きを読む]

ミシン 縫製業 長時間労働 残業
2016.11.05【安全スタッフ】
統括安全管理で責任者が研修会 全船安

 全国造船安全衛生対策推進本部(全船安)と国土交通省九州運輸局は10月3日、福岡合同庁舎新館で合同による「統括安全衛生責任者研修会」を開いた(写真)。当日は、全船安会員企業の部課長クラス56人が集まった。 造船現場は元請け、下請けといった重層構造下での混在作業となることから、全体を見渡す統括安全衛生管理が重要とされている。当日はその意義と……[続きを読む]

zerr091
2016.09.15【安全スタッフ】
実習実施機関へ監督 安全基準違反が2割 厚労省調べ

 厚生労働省は、外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導、送検の状況を公表した。立入調査した5173件のうち71.4%に当たる3695件で労働基準関係法令違反が発覚した。違法な時間外労働など労働時間関係が22.6%(1160件)と最も多いものの、安全措置が講じられていない機械を使用させていたなど安全基準関係も20.8%(1076件)……[続きを読む]

2015.12.14【労働新聞】
雇用特区内で外国人拡大 在留資格「産業人材」創設し 愛知県が要望

期間更新も認める方向 愛知県は11月26日に開かれた国家戦略特別区域会議で、特区内での外国人労働者の受入れ要件拡大を政府に求めた。外国人雇用特区を制定し、人手不足が深刻な分野で高度な資格・能力を持つ外国人労働者を新たな在留資格である「産業人材」として受け入れる制度の創設を提案している。国内労働者の雇用を奪わないよう配慮し、受入れには慎重な……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ