『外国人技能実習生』の労働関連ニュース

2019.05.09 【安全スタッフ】
【特集1】「虎の穴」で危険発見力を鍛える マネキン使って間違い探し 現場の安全管理技術学ぶ 三機工業

 三機工業㈱は、昨年10月に開設した三機テクノセンターで「脱出・虎の穴!」と題した安全体感研修を行っている。安全体感エリアには、作業状況を再現したマネキンの間違いを探す不安全行動チェックエリアを始め、法定特別教育エリアや仮設足場体感エリアなどを設け、危険を見つける力と安全管理の知識・技術を磨く。不安全状態を実際に体感する安全教育は、座学だ……[続きを読む]

2018.08.24 【労働新聞】
介護人材確保へ覚書 ベトナム3都市と締結 横浜市

 神奈川県横浜市は、介護人材の確保・育成に向け、ベトナムの3都市などと介護分野における覚書を締結した。 覚書を締結したのは、ホーチミン市、フエ省、ダナン市の計3都市。同都市に所在する医療系の大学・職業訓練校計5校とも締結した。「介護に特化した覚書を締結した地方自治体はほかに聞かない」(横浜市)という。…[続きを読む]

2018.06.09 【Web限定ニュース】
安全な作業は声かけから コミュニケーションの重要性説く 大東建託・外国人実習生向け安全研修会

 大東建託㈱は5月22日、外国人技能実習生向けの安全教育研修会を開催した。建設現場で働く実習生の労働災害防止を目的としたもので、受入事業場11社と実習生22人が参加した。  研修会冒頭には、施工管理部の泉和宏部長が「日本の建築技術で最も重要なのは、安全な作業をするということ。研修で安全作業の仕方、意識の持ち方を学び、現場で実践してほしい」……[続きを読む]

2018.06.01 【安全スタッフ】
【特集2】生活までマンツーマン指導 外国人技能実習生の安全教育 社内に「ベトナム委員会」設置 橋爪建設

 近年、建設業は人手不足に陥っており、外国人技能実習生を受け入れている企業が少なくない。鉄骨工事、重量物据付工事を行っている橋爪建設㈱(横浜市港南区)ではベトナム人の技能実習生を受け入れており、日本で安全に働くことができるよう、現場入場後も継続的に教育を実施。同社は社内で「ベトナム委員会」と呼ぶ活動を行っており、工事長が技能実習生にマンツ……[続きを読む]

2017.12.25 【労働新聞】
ベトナム人関連送検相次ぐ めだつ違法時間外 島根、愛媛、埼玉など

実習生の急増が背景に ベトナム人技能実習生受入れ企業の書類送検が相次いでいる。島根・浜田労働基準監督署(廣瀬格也署長)は実習生8人に違法な時間外労働をさせたとして、若女食品㈱(島根県江津市)と同社の代表取締役社長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで松江地検浜田支部に書類送検した。愛媛・新居浜労働基準監督署(大谷一孝署長)も実習生2……[続きを読む]

ページトップ