『冬季労働災害』の労働関連ニュース

2019.01.31 【安全スタッフ】
冬季無災害運動で局長自ら呼びかけ 新潟労働局

 新潟労働局(井上仁局長)は、凍結などによる転倒災害を未然に防止するため「冬季無災害運動」を展開している。新潟駅前で井上局長をはじめ労働局職員がリーフレットやポケットティッシュを配布し、大雪や気温低下が懸念される2月末までは転倒災害に特に注意するようアピールした=写真。  同労働局管内で昨年度の冬季無災害運動期間中(平成29年12月~30……[続きを読む]

2018.12.10 【安全スタッフ】
【特集1】冬期災害に御用心! 雪国から学ぶ転倒・墜落防止の極意

 凍結や降雪に絡んだ労働災害が多発する時期がやってきた。凍った道での転倒リスクは通常時の3倍に跳ね上がり、雪下ろしでは12人同時墜落など思いもよらない事故も起こっている。今号特集Ⅰでは、頻発する「転倒」と「墜落」にスポットを当て、労働局の啓発する災害防止のポイントと企業の転倒防止の取組みを取り上げる。雪国ならではの雪下ろしの「極意」にも注……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ