string(61) "/news/news_tag/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/"
string(8) "news_tag"

『フォーカス』の労働関連ニュース

2018.10.17【労働新聞】
【フォーカス】鈴木組/新規高卒者の採用と育成 企業内訓練校で鳶の基礎指導  NEW

35歳時年収が600万円 高校へキャリアパス提示 建設会社の㈱鈴木組(東京都文京区、鈴木央代表取締役、正社員72人)は、建築工事現場の技能工となる新規高卒者の採用を続けている。毎年、採用チームが全国の高校150校を訪問、1,000時間の実習などを通じて架設工の基礎を教える「鈴木職業訓練校」や、入社時から50歳代までの道筋を示したキャリアプ……[続きを読む]

資格取得へ座学も充実させている
2018.10.10【労働新聞】
【フォーカス】and factory㈱/中途人材の採用と定着 1次から役員が面接官

定着率向上へ入口重視 30人採用し離職者は2人 and factory㈱(東京都目黒区、小原崇幹代表取締役社長、72人)は業績の急拡大に伴い、中途採用を積極化している。エンジニアはこの3年で30人を採用し、離職者はわずか2人にとどまる。高い定着率の実現には”入口”が大切と考えており、採用試験は1次面接から人事担当役員が面接官を務める。自社……[続きを読む]

初夏には屋形船を貸し切り社員同士の交流を深める
2018.10.03【労働新聞】
【フォーカス】日本SPセンター/導入研修 150テーマを半年かけ指導

内容は毎年見直し 受講者の声や時流踏まえ 広告業の㈱日本SPセンター(東京都渋谷区、渡辺一男代表取締役社長、正社員100人)は、新卒で入社した社員などに、業務に関する基本的スキルや会社独自のノウハウを教える「導入研修」に力を入れる。マーケティング、クリエイティブ、マネジメントの3分野に関して、合計150個ものテーマを半年かけて指導する。全……[続きを読む]

社内人脈の形成を狙い社長・社員が講師をする
2018.09.21【労働新聞】
【フォーカス】りそなグループ/生産性向上を賞与で還元

所属長が貢献度勘案 個々人の残業数も参照し グループ全体で生産性向上に取り組む㈱りそなホールディングス(東京都江東区、東和浩取締役兼代表執行役社長)は、今夏の賞与でその成果を社員に還元した。残業削減等で浮いた人件費の一部を総原資に加算したうえ、個人の支給額にも本人の貢献度を勘案した。支給額の決定権を持つ所属長に対して、人事部門から部下一人……[続きを読む]

2018.09.12【労働新聞】
【フォーカス】スターティア/後輩集客 内定者が3年生へ自社説明

辞退・離職防止対策で 帰属意識醸成につながる ITインフラ関連事業のスターティア㈱(東京都新宿区、笠井充代表取締役社長、430人)は、内定辞退防止や入社後の早期離職を防ぐ3つの試みを行っている。特徴的なのは、内定者が後輩である大学3年生を、選考とは無関係の就職活動の勉強会に参加するよう誘い、実際の参加者数を競い合うイベント「後輩集客」だ。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ