『オルト-トルイジン』の労働関連ニュース

2017.02.06 【安全スタッフ】
ばく露業務10年以上で 膀胱がんとの関連性高い 厚労省が報告書

 厚生労働省の「芳香族アミン取扱事業場で発生した膀胱がんの業務上外に関する検討会」は、膀胱がんとオルト-トルイジンとの関連ついての報告書を発表した。オルト-トルイジンのばく露業務に10年以上従事した労働者で、潜伏期間が10年以上認められる場合は、同業務が有力な原因となって発症した可能性が高いとの見方を示した。同業務への従事が10年未満の場……[続きを読む]

2016.07.02 【安全スタッフ】
福井の膀胱がん発症 長期間皮膚から吸収 厚労省が最終報告

 厚生労働省は、福井の化学工場でオルト-トルイジンなどの芳香族アミンを取り扱う作業に従事する労働者5人が膀胱がんを発症した問題で、内側がオルト-トルイジンに汚染されたゴム手袋を通じて「長期間にわたり労働者の皮膚から吸収(経皮ばく露)していたことが示唆された」とする最終報告書を発表した。 調査手法は、労働者への聞取りと、同工場で労働者に保護……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ