2011年5月配信の労働関連ニュース

2011.05.15 【安全スタッフ】
うつ病労災判断に時間外労働も検討 厚労省

 厚生労働省の精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会は、うつ病など精神障害の業務上外を判断する際に使用されている「職場の心理的負荷評価表」について、社会や雇用環境、働き方の変化などによって労働者に新たなストレス要因が生じているとして、「出来事」の項目の追加を検討する。  第5回の検討会では、大阪樟蔭女子大学大学院の夏目誠教授が新たに2……[続きを読む]

2011.05.15 【安全スタッフ】
安衛専門家を被災地へ派遣 厚労省・予算案

 厚生労働省は4月22日、平成23年度の第1次補正予算案の概要を公表した。震災による被災労働者や復旧工事従事者への支援策として、労働安全衛生関連では17億円を新たに計上している。  復旧工事の安全対策では、被災地域に数カ所の拠点を設けて、安全衛生の専門家による現場の巡回を始める。事業主からの依頼に応じて専門家を派遣し、安全衛生に関する教育……[続きを読む]

2011.05.15 【安全スタッフ】
震災復旧工事の安全対策求める 茨城労働局

 茨城労働局(鬼丸良一局長)は、震災による復旧工事中の労働災害が目立っているとして、安全対策の徹底を呼びかけている。同労働局の集計によると、地震発生後から4月20日現在の時点で、復旧作業に関連した休業災害が既に15件に上っている。  災害の約半数は屋根からの墜落や転落によるもので、破損した屋根へのシート掛けなど応急修理中の事故が少なくない……[続きを読む]

2011.05.15 【安全スタッフ】
エレベーター工事へ対策例 乗降口をメッシュで「視える化」 挟まれ事故の増加受け 東京建設協

 (社)東京建設業協会は、エレベーター設置(更新)工事などにおける安全対策例をまとめた。近年、東京都内のエレベーター設置・解体作業などで災害が目立っていることから、昨年1月に東京労働局が行った要請を受けたもの。  対策ではまず、乗降口の開口養生シートに開閉できる小窓を設置したり、上部または全面をメッシュにして内部の様子が分かるようにする措……[続きを読む]

2011.05.15 【安全スタッフ】
復興工事でチェックリスト 関係支部へ周知徹底を指示 建災防

「重機運転」「地山崩壊」対策示す  建設業労働災害防止協会は4月19日、東日本大震災による復興工事での労働災害を防止するため、確認するべきポイントを「災害復興工事安全衛生対策チェックリスト」としてまとめ、関係支部へ周知徹底を指示した。チェックリストは建災防の労働災害防止規程を基盤としたもので、「建設機械等関係」「地山の崩壊関係」「石綿関係……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。