【フォーカス】スカパー・カスタマーリレーションズ/衛生委員会の活性化 「見守り隊」を結成 積極的な発言ルール化

2020.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

職場環境改善につなげる

 有料多チャンネル放送「スカパー!」のカスタマーセンター業務などを請け負う㈱スカパー・カスタマーリレーションズ(東京都品川区、新巻康彦代表取締役社長、472人)は、2018年度から安全衛生委員会の活性化に取り組み始めた。「積極的な発言」「意見を否定しない」などを会議のルールに設定。活発な議論を促し、職場の要望を吸い上げた。議論に基づき委員会の名前を「安心・安全見守り隊」に変え、社内の認知度向上を図ったほか、ライザップの法人セミナーを実施するなど、職場環境改善につなげている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月10日第3244号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ