派遣業2社の許可を取消し 厚労省・刑確定で

2012.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、2社の一般労働者派遣事業および有料職業紹介事業の許可を取り消した。取り消されたのは、㈱アグレワン(奈良県、福田耕一代表取締役)と㈱ゼロダブリュコーポレーション(岡山県、石部智之代表取締役)。

 アグレワンは、外国人に不法就労させ、出入国管理法に基づき罰金刑が確定した。ゼロダブリュコーポレーションは、法人税法などに違反し、懲役1年2月、執行猶予3年の刑が確定した。

 いずれも労働者派遣法、職業安定法の許可の欠格事由に該当する。

平成24年11月12日第2896号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ