業務効率化など2割 中小にWLBの取組聞く 京都市

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 京都市は、中小企業におけるワーク・ライフ・バランス推進の取組み状況をまとめた。残業時間の削減や年次有給休暇の取得促進、業務の効率化を狙ったシステムの導入に取り組んでいる企業がそれぞれ2割強に上ることが分かった。仕事と生活の調和と合わせてコスト削減も達成できる取組みが比較的多かったと報告している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月5日第2895号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ