【フォーカス】マクロミル/コミュニケーション活性化策 丁寧な社内報で考える契機に

2019.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

先輩の修羅場を特集 イントラは速報性重視

編集会議で議論を深めより良い紙面に

 社員数が急増しているマーケティングリサーチ業の㈱マクロミル(東京都港区、スコット・アーンスト代表執行役社長グローバルCEO、1012人)は、社内報や社内イントラネットを通じてコミュニケーションの活性化を図っている。社内報「ミルコミ」は社員に考えるきっかけや刺激を与えるために、時間をかけて丁寧に作る。最近では、若手向けに「実録・先輩たちの修羅場」と題した特集を掲載した。社内イントラネット「NOW」は速報性を重視し、ほぼ毎日、タイムリーな記事をアップロード。全社集会の資料や人事制度の説明なども載せる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月15日第3205号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ