ローソン運営会社を送検 店長の残業176時間に 京都南労基署

2018.10.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

精神疾患発症し労災認定

 京都南労働基準監督署(草川徹署長)は労働者に違法な時間外労働をさせたとして、コンビニエンスストアのローソンを4店舗運営する㈱ステイトオブザアートストア(京都府京都市南区)と同社の佐藤知亮代表取締役および取締役の女性を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで京都地検に書類送検した。同代表取締役は店長を務める労働者1人に36協定を締結せずに月176時間の時間外・休日労働をさせたうえ、労働時間数を改ざんし賃金の一部を支払わなかった。店長は長時間労働により精神疾患を発症し、労災認定を受けている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月15日第3180号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ