労災保険の区分見直しへ 平成33年度改定に向け 厚労省

2018.08.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「その他」から7つ分離検討

 厚生労働省は、平成33年度の労災保険率改定に向けて、業種区分の見直しに関する検討会をスタートさせた。主な論点は、事業場数が90万を超え、労働者数が2100万人に上る「その他の各種事業」から、「情報サービス業」「教育業」「医療業」「社会福祉または介護事業」「幼稚園」「保育所」「認定こども園」の7事業を分離することだ。近年の適用労働者数の拡大や、災害発生頻度の高さを踏まえている。労災保険率は3年ごとに改定しているもので、現状では事業の種類は54に区分されており、それぞれの災害率などに応じて設定している。今年度中に取りまとめを行い、見直し案を示すという。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ