転倒・腰痛で約3割――中災防が社会福祉施設調査

2016.05.05 【労働新聞】

 社会福祉施設における労働災害は転倒と腰痛で全体の約3分の1を占めていることが、中央労働災害防止協会(榊原定征会長)の平成27年度調査研究結果で分かった。社会福祉施設での休業1日以上の被災者数は、1事業場平均で平成25年度0.25人、26年度0.33人だった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年5月2日第3063号1面

あわせて読みたい

ページトップ