【特集】クレ玉作業通して作業行動の改善へ 合図位置明確化し退避距離を確保/JFE条鋼 姫路製造所

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 製造業、建設業を問わず多くの業種でクレーンは重量物を運搬・移動するものとして、重宝している。その一方でいったん災害が発生すると重量物だけに重篤災害につながる。JFE条鋼㈱姫路製造所では、クレーン作業の基本中の基本ともいえるクレーン玉掛け作業を通して作業者全員で考え、ルールを作り守りつつ、自主的な活動が行えるよう作業行動を大きく改善させた。玉掛け合図者の合図位置をマッピングしたところ、吊り荷に対する退避距離を確保することができた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ