商業63団体で災防協議会設立 年間通じ安全講習会 

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全国的に”珍しい試み” 宇都宮労基署管内

 栃木・宇都宮労働基準監督署(小林茂署長)管内の商業施設63団体は3月11日、商業労働災害防止協議会(通称・宇都宮コマーシャル・ビジネス災防協)を立ち上げ、宇都宮市内のホテルで設立総会を開催した(写真)。同協議会は、同労基署と宇都宮労働基準協会が共同で実施している安全文化推進運動の一環として設立。総会では年間計画を発表したほか、小林署長が記念講話を行った。商業における労災防止を目的とした協議会の設立は、全国でも珍しい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月23日第3010号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ