女性新入社員の7割が管理職に消極的――日本生産性本部調査

2016.01.20 【労働新聞】

 日本生産性本部が平成27年度の新入社員に実施したアンケート調査で、女性新入社員の7割が管理職になりたくないと考えていることが分かった。管理職になりたくない理由では、「自分の自由な時間を持ちたい」が35.8%で最も多く、「重い責任のある仕事は避けたい」も26. 4%に上った。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年1月18日第3049号2面

あわせて読みたい

ページトップ