【賃金事例】アシスト/役割基準へ行動評価策定 業績加味し基本給を変動 営業・技術など職種別に

2015.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱アシスト(東京都千代田区、大塚辰男社長)は今年1月、期待される役割を基準に処遇する「役割人事制度」を導入した。営業、技術などの職種別に等級要件を策定したうえ、上位職層についてはマネージャーと専門職に複線化している。新たに成果を発揮するための行動を定義し、12要素のコンピテンシーに基づく行動評価項目をつくり込んだ。年に3回実施する業績評価と合わせて年間評価を確定し、報酬月額の改定、役割等級の変更に用いていく。給与面では役職手当を廃止して基本給への一本化を図り、等級ごとに7~9段階の役割レベル(=報酬月額)を設定した。現在のレベルと評価ランクとのマトリックスにより、最高で3段階のアップダウンを行う。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月16日第3041号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ