ICT投資進め労働政策積極化 最新版「通商白書」

2017.07.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済産業省が6月27日に閣議報告を行った「通商白書」の29年度版によれば、IMFの解析を基に、とりわけ先進国における格差拡大の要因が技術革新(ICT投資)である反面、貿易や労働・教育政策はむしろ格差縮小要因であるとの見方を示している。

 ICT投資の推進がわが国の経済成長力の向上に不可欠との前提に立ち、貿易政策を講じつつ労働政策や教育政策などの国内政策を積極的に進める必要性に言及している。

ジャンル:
平成29年7月10日第3120号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ