男性平均所定内は38.0万円に 中労委集計

2022.05.24 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中央労働委員会が取りまとめた「令和3年賃金事情等総合調査」によると、男性の平均賃金は所定内が38.0万円、所定外が6.8万円だった。女性は同じ順に29.6万円、3.4万円となっている。原則1000人超企業を対象とし、227社を集計した。

 5年ぶりに調べた「住宅手当制度」の結果をみると、導入企業は全体の54.4%(前回比1.9ポイント減)だった。扶養の有無で支給額が異なるケースにおいて「定額」で支給する場合の平均額は、借家・借間では2万5700円、自宅では1万9300円。5年前と比べるとともにアップしており、順に5100円増、400円増となった。

 詳細は、本紙5月30日付8・9面で掲載予定。

令和4年5月23日第3353号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。