4業者を指名停止に 専任技術者が「主任」兼務 四国整備局

2022.02.09 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 四国地方整備局(丹羽克彦局長)は、建設業法に違反し、一定規模の請負工事において専任で配置しなければならない主任技術者を営業所の専任技術者に兼務させた、いずれも愛媛県の㈱ひじ建(大洲市)、㈱大和興業(伊方町)、川上建設㈲(大洲市)、㈲猪野建設(愛南町)の4社に対し、1カ月間の指名停止を行った。4社はそれぞれ、愛媛県を発注者とする工事で同法違反があったとして、昨年12月に同県知事から指示処分を受けていた。

 4社は愛媛県から受注した…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年2月7日第3339号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。