派遣料金半額を助成 店舗の代替要員確保へ 東京都

2022.02.04 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京都は2月1日、スーパーなどの店舗において新型コロナウイルスの影響で一定程度の欠勤者が出た場合に、代替要員確保のための人材派遣料金の2分の1を助成する事業を開始した。コロナ禍における社会機能の維持が狙い。

 助成対象は、資本金5000万円以下または…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月7日第3339号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。