がん・糖尿病などで就労支援 労健機構・両立マニュアル

2017.05.18 【労働新聞】

 労働者健康安全機構は、がん、糖尿病、脳卒中、メンタルヘルスの疾病4分野について「治療と就労の両立支援マニュアル」を作成した。

 医療機関において両立支援を実施するに当たっての基本スキルと知識に加え、好事例などを紹介している。医療従事者のみならず、企業の労務管理担当者、産業保健スタッフにも理解できるよう構成した。労災病院では、両立支援のための相談窓口を設置し、両立支援促進員を配置している。

掲載 : 労働新聞 平成29年5月15日3112号1面

あわせて読みたい

ページトップ