649物質が対象に SDSの提供義務拡大へ 経産省

2021.11.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省はSDS(安全データシート)の提供を義務付ける化学物質を、現行の562物質から649物質に増やす内容の化学物質排出把握管理促進法の改正政令を公布した。施行は令和5年4月1日となっている。

 同法は事業者による化学物質の自主的な管理改善の促進を目的に、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月15日第3329号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。