宿泊業が最多 神奈川県・令和2年度 労働相談の概況

2021.08.01 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川県が発表した「令和2年度の労働相談の概況」によると、相談件数1万2480件のうち新型コロナウイルス感染症関連は、2922件(23.4%)だった。産業別では、宿泊業,飲食サービス業からの相談が最も多く421件を占めている。医療,福祉が275件、卸売業,小売業が224件と続く。

 相談者の内訳をみると、労働者の2560件(87.6%)に対し、使用者は305件(10.4%)、フリーランスは57件(2.0%)だった。

あわせて読みたい

ページトップ