定期購読者無料セミナー(新潟会場) 労働者側弁護士が指摘する 職場のメンタルヘルス対応の問題点

【セミナー動画】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2015年9月15日に朱鷺メッセ(新潟)で開催された労働新聞社の定期購読者無料セミナー「労働者側弁護士が指摘する 職場のメンタルヘルス対応の問題点」の撮影動画です。

講師:弁護士法人ライフパートナー法律事務所 弁護士 生越 照幸

【セミナー内容】
はじめに
業務起因性の有無
①業務起因性の有無
②自殺事案か存命事案か
③在職中か退職後か
④立証の見込み
⑤どのような請求をどのような順番で行うか
⑥どのような手段を用いるか
⑦落としどころはどこか?
ストレスチェック制度について
事例から見るメンタルヘルス対策のポイント、労働時間・業務量管理
ハラスメント
使用者はどこまで責任を負うべきか
業務起因性がない場合の対応

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ページトップ