定期購読者無料セミナー(名古屋会場) メンタルヘルスへの実務対応、賃金減額に際しての留意事項

【セミナー動画】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2015年11月13日にウインクあいち(名古屋)で開催された労働新聞社の定期購読者無料セミナー「メンタルヘルスへの実務対応、賃金減額に際しての留意事項」の撮影動画です。

講師:牛嶋・寺前・和田法律事務所 弁護士 岡崎 教行

【セミナー内容】
第1章 はじめに

第1 自己紹介
第2 本日の主眼
第2章 メンタルヘルスへの実務対応
第1 ストレスチェック制度
 1 ストレスチェック制度の概要
 2 段階毎の留意点
 3 ストレスチェック実施についての危惧(私見)
第2 メンタルヘルスによる休職からの復職に際しての実務対応
 1 メンタルヘルスに罹患した従業員の復職を巡ってはトラブルが多い
 2 治癒の判断基準
 3 治癒をどのように判断するか-手続論
第3章 賃金減額に際しての留意事項
第1 賃金の基本的事項
 1 賃金の意義
 2 賃金支払いに関する4原則
 3 賃金の支払場所-持参債務と取立債務
第2 賃金減額の方法
 1 一方的に引き下げる方法
 2 同意により引き下げる方法
 3 賃金減額には本当に「自由な意思に基づいてされたものであると認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在する」ことが必要なのか?(私見)

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ページトップ