定期購読者無料セミナー(東京会場) 万一災害が発生したら何をすべきか? 事後の緊急対応から労災防止対策まで

【セミナー動画】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2016年5月25日に日本教育会館(東京)で開催された労働新聞社の定期購読者無料セミナー「万一災害が発生したら何をすべきか? 事後の緊急対応から労災防止対策まで」の撮影動画です。

講師:労働衛生コンサルタント 村木 宏吉

【セミナー内容】
0:01:30~ 1.労働災害とは

0:08:55~ 最近注目は疾病
0:14:40~ 調査対象となりやすい災害
0:25:32~ 2.災害発生時の対応
0:31:52~ 応急処置の重要性、どこに連絡するか?、注意点
0:36:52~ 労働者死傷病報告とは?、労災保険関係手続
0:46:32~ 労災かくしとは?、提出義務があるのは事業者です、協力会社の本音と建前
0:53:18~ 工事現場での無災害と影響、元請・協力会社のよくある誤解、重い処罰
0:57:18~ 労災かくしは治りにくい
1:00:58~ 労災かくしを防ぐには
1:07:05~ 企業が受ける損害賠償請求例、示談か訴訟か
1:11:49~ 労働災害のコストへの影響、どのくらいの費用がかかるでしょうか?
1:14:13~ 3.労働基準監督署の立入調査とは
1:18:35~ 労働基準監督署の臨検監督とはどういうものか?
1:22:25~ 臨検監督を受けるには、なぜ、当社が選定されたのか?
1:33:38~ 監督官は臨検監督時に何に着目しているのか?
1:36:32~ 労働基準監督署の重点①
1:38:32~ 最近の法令改正等についてご存じでしょうか?
1:40:11~ 『過重労働』による健康障害防止対策
1:44:41~ 労働時間等の労災認定基準、過労死等の発症の機序、発症予備軍の把握、労働時間の把握は適切か?
1:51:49~ 労働基準監督署の重点②、安全衛生委員会の開催状況等
1:56:24~ 労働基準監督署の重点③、④
2:00:02~ 是正勧告等への対応方法
2:07:00~ 労基署の対応、行政指導と行政処分、行政処分に従わないとどうなる?
2:13:12~ 「司法処分」とは?、「司法処分」の留意点
2:22:06~ 是正勧告書と指導票の内容
2:25:02~ 立入調査で助言を受けましょう、是正期日に間に合わないときの対応法
2:30:35~ 災害発生時の立入調査、その後

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ページトップ