人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2020.05.01

示談金を会社負担するか 従業員が先に賠償支払う

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 会社の自動車で取引先に商談で赴く途中、事故を起こした場合の責任について教えてください。道路を横断していた幼児に誤って車を衝突させてしまい、1カ月の入院を要するケガを負わせたとします。従業員が、幼児の両親に対し、自らの貯蓄の中から示談金100万円を支払い、その後、会社に対し、支払った示談金相当額を支払うよう求めたとき会社はこれに応じるべきなのでしょうか。【千葉・I社】

A

「損害の公平な分担」を 最高裁判決で判断示す

 さまざまな事情によって結論が分かれますが、従業員から勤務先への何らかの求償が認められるケースが多いと思われます。

 民法715条1項は、従業員が使用者の事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負うと定めています(使用者責任)。この条文は、使用者が従業員の活動によって利益を上げる関係にあることや、自己の事業範囲を拡張して第三者に損害を生じさせる危険を増大させていることに着目し、損害の公平な分担という見地から、その事業の執行についてなされた従業員の不法行為による損害の賠償を使用者に負担させることとしたものです。

 ところで民法715条3項は…

回答の続きはこちら
2020.04.13

和解案の数字根拠あるか 能力喪失期間が短い

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 交通事故に遭って後遺障害が残り、認定は14級(局部に神経症状を残すもの)でした。その後、相手方(保険会社)と示談交渉を行いましたがうまくいかず、交通事故紛争処理センターに和解あっせんを依頼していますが、提示された労働能力喪失期間(5年)に不満があります。今後、どのように対処したらいいでしょうか。【静岡・K生】

A

認定等級から5年と算出 審査請求で変更は期待薄

 交通事故紛争処理センターは、自動車事故の被害者と加害者が契約する保険会社等との間に立って法律相談、和解あっせんおよび審査手続きを行う公益財団法人です。

 交通事故の損害賠償問題の解決で頭に浮かぶのは裁判所の利用ですが、訴訟の場合、弁護士を頼まずに自分で行う本人訴訟は手続きがいろいろあって大変ですし、解決までに相当の期間がかかるのが普通で、一定の費用はかかります。

 そこで、相談者のように…

回答の続きはこちら
2020.03.30

市に損害賠償責任あるか ロードバイクで転倒事故

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 通常の自転車よりもタイヤの幅が狭いロードバイク型の自転車で◯◯市の市道を走行していたところ、路肩に設けられた排水口の隙間に自転車の前輪が挟まれて転倒し、負傷してしまいました。このような、相手がいない事故の場合、私は、治療費等をすべて自分で負担するしかないのでしょうか。【京都・N生】

A

管理に不備あったか判断 路肩の使用状況などみる

 本件のような事故の場合、道路の設置または管理に過失があると構成して、「公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる」と規定する国家賠償法2条1項に基づき、◯◯市に対して損害賠償請求をすることができる場合もあります。

 国家賠償法2条1項にいう「公の営造物の設置又は管理に瑕疵があった」とは、営造物(本件でいえば◯◯市の市道)が通常有するべき安全性を欠いていることをいいます。そして、公の営造物の使用に関して事故が発生し、被害が生じた場合において、…

回答の続きはこちら
2020.03.13

休業損害はなぜ減ったか 復職したが「再休職」

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 某年の1月、通勤するためバイクに乗車中、乗用車がぶつかり右大腿骨骨折等の傷害を負い、同年7月まで休職しました。その後、同年8月に復職したものの体調が悪くなり、復職して10月から再度休職となりましたが、保険会社の休業損害額は復職前の額より減らされています。再度の休職の場合、休業損害額は減らされるのでしょうか。【和歌山・T生】

A

暦日数ベースに再計算を 症状固定後の交渉も可能

 相談者は会社員ですが、優先道路をバイクで直進中、脇道から乗用車が飛び出してきて衝突。大腿骨骨折や関節脱臼などのケガを負いました。かなりの重傷で救急車で運ばれた病院に入院し、退院後も同病院で治療とリハビリを続けています。

 当然、事故直後から休職となり、勤務している会社からの給料の支払いはストップしましたので、保険会社から休業損害(休業の補償)が支払われています(自賠責先行)。その金額については、…

回答の続きはこちら
2020.02.29

夜間の事故で過失相殺? 信号ない交差点を歩行中

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 信号機が設置されていない交差点の横断歩道を歩行していたところ、直進してきた自動車に接触される事故に遭いました。自動車の運転者に対して損害賠償を請求しましたが、事故が発生したのが夜間であったことを理由に、賠償額が減額されると言われています。夜間の事故であることは、私の落ち度として考慮されるのでしょうか。【兵庫・T生】

A

5%減額される可能性 街灯などの環境が影響

 交通事故の当事者双方に何らかの落ち度(過失)がある場合、損害の公平な分担の観点からそれぞれの落ち度を考慮して損害賠償額を定めます(過失相殺)。

 過失相殺に当たっては、事故状況から道路交通法上の優先関係などを考慮して、双方の過失割合を判断されますが、事故の一方当事者に、落ち度(過失)がある場合には、その過失割合が上方修正されます。

 事故発生が夜間であったことの一事をもって、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ