実務相談Q&A

弁当支給し賃金扱いか 労組なく協約締結できず 「労働の対価」と認識

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
  • 労働組合
  • 賃金
  • 建設業
Q

 当社は建設業ですが、「辺鄙な場所」で長期の工事を予定しています。近くに食事を調達する場所がないので、担当者が弁当等を用意します。会社が費用を負担した場合、現物給与とみなされるのでしょうか。不便な場所で働く「労働の対価」として、賃金扱いすることに異存はありません。しかし、労働協約を結ぼうにも、当社には労働組合がありません。どのように処理すべきでしょうか。【茨城・T社】

A

実費徴収かつ給与で配慮

 賃金は通貨払いが原則で、実物給与が認められるのは次の場合に限られます(労基法24条)。

 ①法令・労働協約に別段の定めがある

 ②労働者の同意を得て小切手等の交付による

 ①に関しては、現行法上、対象となる法令は存在しないので、労働協約方式のみが可能です。②は、労基則で「銀行振込」「退職金の小切手払」等について定めています(7条の2)。…

回答の続きはこちら
ページトップ