契約途中で退職できるか 業務と自分の専門合わず

2019.09.26
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 一級建築士として今の会社に3年契約で中途入社しましたが、実際の業務が当初の想定と大きく異なり、近々退職したいと考えています。最近は退職届を受け取ってもらえず、弁護士に手続きの代行を頼む人もいるようですが、引継ぎ等に必要な期間を考慮して退職の意思表示をした場合でも、会社を辞められないことがあるのでしょうか。【千葉・T生】

A

高度職は1年で解約可能 内容相違なら即時退職も

 労基法では、使用者から労働契約を解約する「解雇」については原則として30日前の解雇予告を行う必要があるなど(労基法20条)、使用者に一定の制約が設けられていますが、労働者から解約する「退職」で労働者に何らかの制約を課す規定はなく、民法上の契約に関する規定が適用されます。

 無期雇用の労働者は原則いつでも解約でき、申し入れから2週間を経過すると…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ