事故後の自殺にも賠償か ケガ回復もうつ病発症

2016.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自動車を運転していて、横断歩道を横断中の人を跳ねてしまい、被害者に傷害を負わせてしまいました。被害者のケガは回復しましたが、後遺障害が残りました。被害者は工場勤務の男性社員だったのですが、事故による災害神経症にり患して退職を余儀なくされるなどし、うつ病となって自殺してしまいました。こうした場合に、私に死亡による損害まで賠償責任が生じるのでしょうか。【東京・K生】

A

相当因果関係認めた例も 過失相殺して減額多い

 加害者には、死亡による損害までの賠償責任が認められる場合があります。ただし、自殺につき被害者の心因的要素が寄与している場合には、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月1日第2265号 掲載
ページトップ