面接指導の通知必要か 産業医にのみ時間等提供

2018.10.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 長時間労働の面接指導で、対象となる時間数が月100時間から80時間超になるといいます。時間等を労働者に通知する必要はあるのでしょうか。産業医への情報提供が必要なのは認識しています。【三重・L社】

A

月80時間超なら本人へ

 現在、事業者は長時間労働の面接指導の対象となる労働者の氏名および超えた時間に関する情報を産業医に提供しなければなりません(安衛則52条の2)。産業医は、情報を面接指導の申出の勧奨のほか、健康相談等に活用します(平29・3・31基発0331第68号)。平成31年4月から情報提供の規定は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年10月8日第3179号16面 掲載
ページトップ