下請負契約の締結必要か 機械をオペ付きでリース

2015.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 警備会社と契約し、建設現場にガードマンを派遣してもらったり、土工機械をオペレーター付で専門工事業者と契約した場合には、建設工事の請負契約として建設業法で定める下請負契約が必要になるのでしょうか。【神奈川・N社】

A

「建設工事」の請負でない 貸与者は災害防止措置を

 建設業法24条は、「委託その他いかなる名義をもってするかを問わず、報酬を得て建設工事の完成を目的として締結する契約は建設工事の請負契約とみなして、この法律の規定を適用する」としており、契約の実態に即して判断する必要があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月1日第2229号 掲載
ページトップ