65歳の被保険者区分は? 新しく雇う高齢者対象 64歳から継続で加入必要

2016.04.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正雇用保険法等が公布されましたが(平成28年3月31日)、高年齢者の扱いで質問があります。新たに「高年齢被保険者」という区分が設けられ、65歳以上で雇用される人も保険加入が義務付けられるようです。既に「高年齢継続被保険者」の資格を持つ人はどのような位置付けになりますか。当面、2種類の被保険者が並存する形となるのでしょうか。【山口・O社】

A

法施行日に自動で切替え

 改正法のうち高年齢者に関する部分は、平成29年1月1日に施行されます。

 改正前の雇保法6条では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年4月25日第3062号16面 掲載
ページトップ