法改正で役員への適用は 民間保険が不要になるか

2013.08.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 健康保険法が改正され、「業務上災害であっても、健保を使える範囲が広がった」と聞きます。今後は、会社役員等についても、民間保険等を利用する必要がなくなったということでしょうか。【岩手・J社】

A

法人取締役は従来どおり 労災との区別を明確化

 改正健康保険法は、平成25年5月31日に公布されました。健保と労災の調整に関する部分は、平成25年10月1日施行です。

 改正前の健保法1条では、「この法律は、業務外の事由による疾病(略)に関して保険給付を行う」と規定していました。業務上の事由による傷病については、基本的に労災保険の守備範囲とされるためです。

 しかし、健保に加入し、働く人がすべて労災保険の保護を受けるわけではありません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月1日第2191号 掲載
ページトップ