育児短縮勤務の割増計算は? 所定労働時間を6時間に フレックス制で残業したら

2013.08.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 フレックスタイム制の職場で働く女性従業員から、育児に伴う所定労働時間短縮の措置を受けたいと申出があり、6時間勤務を適用しています。この女性が、日によっては9時間、10時間勤務しているケースもありますが、割増賃金の計算はどうなるのでしょうか。当社のフレックスタイム制は、法定労働時間ではなく「所定労働時間」を超えた場合に割増を支払う規定です。【京都・B社】

A

月の総枠超えた分が対象

 フレックスタイム制を採る際、労使協定で下記の事項を定めます(⑤⑥の規定は任意)。

①対象労働者の範囲

②清算期間…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月12日第2932号16面 掲載
ページトップ