『車両系建設機械』の労働関連コラム

2018.09.11 【送検記事】
「転んだことにしろ」と17歳の労働者に指示 労災かくしで土木事業者を送検 出雲労基署

 島根・出雲労働基準監督署は労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、㈱竹内工業(島根県太田市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで松江地検出雲支部に書類送検した。  同社は林業と土木工事業を営んでいる。労働災害は平成29年8月7日、同社が立木の伐採、搬出作業を請け負う同県大田市内の工事現場で起きた。同……[続きを読む]

2016.02.10 【送検記事】
立入禁止措置怠り重機と接触 むつ労基署が送検

 青森・むつ労働基準監督署(八木澤朋宏署長)は、使用中のドラグ・ショベルに接触する恐れのある場所に労働者を立ち入らせたとして、土木工事業の大畑振興建設㈱(青森県むつ市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで青森地検に書類送検した。 同社は、U字型側溝撤去作業に当たり、労働者にドラグ・ショベルを使用さ……[続きを読む]

2014.01.01 【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『解体用機械に関する解説とQ&A―改正労働安全衛生法令・関係告示等関連―』

追加3機種を対象に  昨年7月の労働安全衛生規則の一部改正により鉄骨切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機が車両系建設機械の解体用機械に追加され、法令上の新たな規制対象となった。これに伴い建設業労働災害防止協会からは「改正労働安全衛生規則等の解説」が、続いて「改正安衛則等の解説Ⅱ 鉄骨切断機等の新たな解体用機械に係る労働安全法令改正の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ