string(74) "/column/column_tag/%E8%81%B7%E5%A0%B4%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%B9%E5%96%84/"
string(10) "column_tag"

『職場環境改善』の労働関連コラム

2016.11.25【社説】
【ひのみやぐら】課題見えたストレスチェック

 スタートまでいきさつのあったストレスチェックも、始まってしまえばもう1年。月日が経つのは本当に早いものだ。今号「産業カウンセリングの現場から」ではEAPを提供するピースマインド・イープ㈱の宮中大介さんに執筆いただいているが、ストレスチェック開始1年の所感が綴られており非常に興味深い。 まず、ストレスチェックの義務化により、制度自体が複雑……[続きを読む]

2016.10.06【監督指導動向】
労災防止対策でワークショップ開催 長期計画考えさせる 大津労基署

 滋賀・大津労働基準監督署は、食料品製造業者を集め労働災害防止に向けた「ワークショップ」を実施した=写真。参加企業が複数のグループに分かれ、それぞれに短期・中期・長期的なスケジュールを立てながら、労災を減らしていくためのアクションプランを考えている。 同労基署管内では、食料品製造業における労災発生件数が多い。今年に入っても、増加の一途を辿……[続きを読む]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2015.11.15【社説】
【ひのみやぐら】高齢者対策契機に職場改善

 65歳以上の高齢者人口は3186万人(総務省:平成25年9月15日現在)。総人口に占める割合は25%になり、4人に1人が65歳以上というのがわが国の現状だ。少子高齢化というが、すでに「超高齢社会」になっていると認識したい。 若い働き手が少なくなっているのだから、高齢者に期待が集まるのは自然だろう。「年齢感覚」は、その時代の社会が決めるこ……[続きを読む]

2015.11.01【社説】
【ひのみやぐら】トップの決意が過重労働防ぐ

 昨年施行された「過労死等防止対策推進法」により11月は「過労死等防止啓発月間」となった。厚生労働省では「過重労働解消キャンペーン」として電話相談などの取組みを行うこととしている。 長時間労働の原因はさまざまだ。業務量の増加、常に納期に追われる、などあげられる。一方で、残業代を当てにする、納得いくまで仕事をする、皆が帰らないと帰れない、な……[続きを読む]

2015.10.15【社説】
【ひのみやぐら】職場環境改善につなげる

 ストレスチェックが12月に始まるが、企業ではその準備に追われているところではないか。産業保健総合支援センターなどでは、多くの問合わせがあるようで「いよいよ」といった感が否めない。ストレスチェックへの取組みが熱を帯びているが、実施だけを目的としていないだろうか。前号、「産業カウンセリングの現場から」では実際に厚生労働省の委員で、制度の作成……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ