『爆発』の労働関連コラム

2019.03.27 【送検記事】
オーブン爆発で労働者が死亡 銀嶺食品を送検 福島労基署

 福島労働基準監督署はガスオーブンが爆発し労働者1人が死亡した労働災害で、㈱銀嶺食品(福島県福島市)と同社の商品部課長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福島地検に書類送検した。労災が起きる1年半近く前からオーブンの安全装置が故障していたことを認識していたにもかかわらず、修理など必要な措置を講じていなかった。  ……[続きを読む]

2018.02.20 【監督指導動向】
基本的作業方法の遵守を 死亡・重大災害防止へ緊急要請 宮城労働局

 宮城労働局は235事業場に対し、基本的な作業方法の遵守を柱とする死亡災害撲滅に向けた緊急要請を行った。平成29年夏以降、一歩間違えば複数人が死傷するような大事故につながりかねない労働災害が多発している。 管内では、「サイロ内側に付着した穀物の粉を書き落とす作業をしていた労働者が転落し、剥がれ落ちてきた粉に埋もれた」「スクラッププレスに缶……[続きを読む]

2017.07.17 【送検記事】
水蒸気爆発対策が未実施 死亡災害起こした鉄工所を送検 北海道労働局

 北海道労働局は、工場内の安全対策を怠ったとして、㈱檜山鐵工所(北海道旭川市)と同社代表取締役社長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で旭川地検に書類送検した。平成29年4月、水蒸気爆発によって同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 同社は、労働者に溶融している鉄を取り扱う設備を使用させる際に、水蒸気爆発を防……[続きを読む]

2017.03.21 【送検記事】
残っていた油分に引火して爆発 無資格者にガス溶断作業させ送検 弘前労基署

 青森・弘前労働基準監督署は、ガス溶接技能講習を受講していない無資格労働者にガス溶断作業を行わせたとして、金属スクラップ業および中古タイヤのリサイクル業を営む㈱髙橋商事(秋田県か潟上市)と同社弘前営業所(青森県弘前市)の工場長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで青森地検弘前支部に書類送検した。平成28年8月、同社労働者が死亡す……[続きを読む]

2017.03.16 【送検記事】
元方としての連絡調整怠り爆発災害 福岡造船を書類送検 長崎労基署

  長崎労働基準監督署は、下請事業者間の作業に関する連絡および調整を怠ったとして、元方である福岡造船㈱(福岡県福岡市中央区)と同社長崎工場(長崎県長崎市)取締役工場長を労働安全衛生法第30条(特定元方事業者等の講ずべき措置)違反の疑いで長崎区検に書類送検した。平成26年8月、同社長崎工場内で建設していた船において、6人の負傷者が出る爆発労……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ